カードローンでどうにかやっていった。

私はまだ専業主婦となって1年ですが、専業主婦となってびっくりしたことが一つあります。

 

それは、夫の手取り給料が手取り18万円だったということ。もう、30歳にもなって、7年も務めてきた会社なのに…。

 

私たち夫婦は結婚してからもずっと共働きでして、お互いがどれだけの給料をもらっているのかということは知りませんでした。お金のことって聞きにくいものでもありますからね。

 

家賃は夫の方から出してくれているし、その分私の方がちょっとずつでも貯金していければいいかな〜って感じでした。

 

主婦

ですが、結婚1年目にして赤ちゃんができてしまったのです。3年後ぐらいにできればいいかな〜って思っていたので、想定外の出来事でした。もちろんうれしい事ではありますけどね。

 

とりあえずこのままず〜っと仕事を続けていくわけにもいかないし、夫も仕事を辞めて専業主婦としてこれからはやっていってほしそうだったので、仕事を辞めて専業主婦となることになりました。

 

で、それから私が家計のやりくりをすることになったのですが、そこで初めて夫の手取り給料が18万円ぐらいだということを知ったのです・・・。いくら田舎とはいえ、家賃払って生活費や子供にかかるお金などを考えればギリギリすぎるほどギリギリです。自分のものなんて買える余裕が全くないです。

 

その後、夫に転職をお願いして、なんとかそれなりにお給料をもらえるような会社に勤めることが出来たのでよかったのですが。

 

夫には内緒にしていますが、夫が転職するまでの間は専業主婦OKの銀行カードローンでお金を借りてどうにかやっていっていました。この時は、ホントカードローンという存在があってよかったな〜って思っています。

 

ちなみに、専業主婦の方は消費者金融ではお金を借りることが出来ないところも多いですが、銀行カードローンならば大丈夫ですよ。パートやアルバイトをしている主婦の方は基本的にどこでも借りることができます。

 

 

専業主婦が利用できるのはココ

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行なら専業主婦の方も、審査にもよりますが最大30万円を限度額として利用することができます。メガバンクなので安心して利用できます。
しかも、月々の返済も少額に設定されているので、無理することなく返済していけると思います。専業主婦の場合、無理して返済していくといつかパンクしてしまう可能性もありますからね。

≫みずほ銀行カードローンの申し込み

 

新生銀行カードローンレディースレイク

新生銀行カードローンレディースレイク
レイクも新生銀行ですので専業主婦の方が利用することができます。このレディースレイクは女性専用のキャッシングサービスですので、男性の方が利用できませんし、オペレーターがすべて女性で構成されているので安心して利用できますね。
人気の無利息ローンも2種類も用意されていますよ。

≫新生銀行カードローンレディースレイクの申し込み

 

 

生活資金のつなぎにキャッシングを利用しました。

 

就活

学校を卒業してもなかなか就職先が決まらず、アルバイト生活を続けていました。学生時代には親から仕送りを受けていましたが、卒業してからは減額されてしまい、生活費を自分で得なくてはならなくなりました。

 

部屋を引っ越すなどして固定費を浮かせるように努力を続けましたが、やはりアルバイト代ではあまり多くは得られませんので、貯金などをする余裕はありませんでした。

 

アルバイトと並行して就職活動も続けていましたので、面接時間となるべく被らないように夜間のアルバイトが多かったです。

 

そんな時、ある会社で求人を出していましたが、そこでは事前にほぼ研修のような体験会に参加しなければなりません。その間は研修費としていくらかの給料は出るのですが、その金額はアルバイト代よりも少ないものです。かといって時間は拘束されるのでいままでのアルバイトは辞めなくてはなりません。

 

かなり迷いましたが、この研修が終われば採用はほぼ決まるとあって、思い切って参加することにしました。そこで問題になるのが生活費の工面なのですが、足りない分はキャッシングで借りました。

 

学生時代に学生でも作れるカードがあったので申し込んでいました。計画では2ヶ月以上は借りっぱなしにすることは避けられそうだったので、なんとか返せる見込みをつけてお金を引き出しました。

 

自分でもかなり無謀な計画だったと思いますが、なんとか研修も完走することが出来て無事就職が決まりました。

 

キャッシングした金額はそれほど大きいものではありませんでしたが、実際に利息分がついた返済額を見ると借金をしたのだなという実感が湧き、プレッシャーになります。

 

初任給が借金返済という情けない使い方になってしまいました。

 

 

イベントラッシュで金欠!

 

結婚

イベントがやけに重なりまくった月がありました。

 

ひとつめは、結婚です。と言っても自分のではなく、小学校から仲良くしている友人のひとりが地元からかなり遠方に引っ越してしまっているんですが、向こうで結婚をするということになりました。今でも連絡を取り合うほど仲が良く、多少お金がかかっても絶対にお祝いに行こうと決めていたので、楽しみにしてお祝い金を準備。

 

そして一ヶ月前から付き合っている彼女の誕生日も同じ月でした。やはり付き合って初めての誕生日のお祝いだし、奮発しとかないとマズイかなと思うので、予算も余裕を持っておきたい。

 

まあ、この二件だけなら余裕だったんですが、高校時代の友達が今度海外転勤になるというので、仲が良かった連中で集まって軽く飲もうということになり、その話がいつのまにかあちこちに広がり集まる人数が増え、予定外の同窓会状態に。

 

さらにプラスで去年嫁に行った妹が予定よりちょい早めで出産を迎えました。

 

いや、どれも嬉しいし、楽しいことばっかりなのでいいんですが、これだけ一気に来るとだいぶ懐が寂しいことに!

 

というか、金が足りない!

 

で、初めてキャッシングを使うことにしました。

 

もともと、マジメに貯金するタイプでもなかったし、親に借りるのもみっともない。次の給料で返せるぶんだけなら、と思って利用してみました。

 

予定通り、次の給料で返せたので助かりました。キャッシングはあんまりいいイメージがなかったんですが、こういうときはやっぱり便利ですね。

 

でも、今度から少しは貯めておかなきゃなーと反省しました。

 

 

想定外の出費でキャッシング

 

4月の話ですが会社の人事で部署を移動する事になりました。

 

3月まで所属していた部署の人との送別会や取引先の営業の人と新しい担当者への引継ぎのために接待などの機会が増えていました。会社の経費で落ちる部分もあるのですが、このご時勢で全額とは行きませんので、個人的な負担も結構な額でした。

 

前年度の出たボーナスは3月末までに、ほとんど使い切っていました。

 

飲み会

しかし4月で部署を移動した後にも交際費は増えていきます。仕事を行う上で人とのつながりは大変重要ですので機会を断ることは出来ません。

 

4月の中旬には完全に現金が無くなっていました。

 

しかし新人とコミュニュケーションを取る為に夜の付き合いを行なう必要もあります。金が無いから行けないなんて社会人として恥ずかしい断り方なんて出来るはずもありませんし…

 

そこでクレジットカードで支払いを行なえる場所ではカードで支払い、現金しか使えない場所ではキャッシングに頼りました。知人にお金を借りて嫌な噂が流れても仕事に支障が出ますしキャッシングにはかなり助けられました。

 

その後は6月のボーナスで3〜4月にオーバーした金額の支払いは終わりましたが、移動が絡んだ4月は出費が多い時期でした。